「お試し相談」無料モニター01

2015年8月、「お試し相談」を無料モニター体験される方を募集し、25名の方が参加されました。

 

許可を得て、メールのやりとりの内容すべてを公開しております。

自分を愛せるようになりたいのです。

神奈川県 30代 男性

 

●お申込み理由
自分で考えるのには限界がある。人生を変える為にアドバイスが欲しい。生きる力を取り戻すきっかけにしたい。希望を見出したい。お試し相談(無料モニター)を試してみようと思った理由は、本『セルフより愛を込めて』を読んで共感したから。

 

●質問文
この度は無料モニターを利用させていただきまして、誠にありがとうございます。相談は下記になります。

 

私が人生を振り返ると、自分を育てる、癒す、創造するというよりは、自分を傷つけ、抑圧し、破滅させ、大変に嫌ってきました。
とても自分を粗末に扱い、また私を粗末にする人と付き合いました。
そして、時として人を無自覚に傷つけてもきました。
私に好意、善意を示す人を傷つけてしまう事を思い出し申し訳なく思います。

 

私はそれを変えたいのです。
まずは私は自分を愛せるようになりたいのです。
自分を大切にしたいのです。
自分幸せにする努力をはじめたいのですが、長続きしません。

 

方法がわかりません。
希望や意欲がわきません。

 

私は自分を幸せにする努力、愛せるようになるには、何をすればいいのか?
もしくは何を止めればいいのか?

 

ご意見を伺いたいです。
よろしくお願いいたします。

 

 

下記が「内なる声」からの回答になります。

1.あなたのご質問に対する回答

 

あなたは、自分が何を言っているのか、わかっていないと思う。

 

自分のことを愛する方法がわからないとか、自分を嫌っているとか、何をするべきかとか話しているようだけど、なぜそうしようと思うのか、まったく書こうとしていない。

 

どうしてそうなるのかを、考えてみて欲しいと思う。

 

 

何もわからないものを、どうして変化させようと思うに至ったのか。
そもそも、あなたはなぜ自分のことが嫌いになったと話しているのか、そこが重要であると考えていないところに、原因をもっている。

 

あなたが話しているのは、自分のことであるにもかかわらず、自分のことではないような感覚をもって、話している。
それはまるで、「そうしたほうがいいのだと思うのだが、その方法がわからないのです」と話しているかのよう。

 

それでは、「そうしたほうがいい」と話しているのは、いったい誰なのかという話になってしまう。

 

「そうしたほうがいい」つまり「あなたが変わったほうがいい」と思っているのはなぜで、
「変わっていったほうがいい」ということを知っているのはなぜで、
「あなたが変われない」と思っているのはなぜなのか、さっぱりわからない。

 

それを、私に答えて欲しいと言っているつもりなのかもしれないが、「あなたの中のイメージの話」をしているにもかかわらず、その自覚がないのだと私は思う。

 

 

そもそも、あなたの中において、「嫌っている自分」のイメージがあるのだが、「好きになった自分」のイメージがないのである。
そもそも、あなたの中において、「それは良くない」というイメージがあるのだが、「それではどれがいいのか」というイメージがわからないというような、変な話になっている。

 

だから、それを解決しようと思うのであれば、「そもそも、嫌なイメージをもっている自分が嫌なので、そのイメージを変えていこう」と思うことから始めるべき。

 

「嫌なイメージをもっている自分」というものを分析し、それとは違うことをするための案を出すのが普通。

 

 

だが、あなたの場合、その発想がまったくないため、「嫌いな自分」というイメージは万国共通のような説明の仕方をし、誰もが「好きな自分」というものを描けるはずだと、勘違いしている。
そこが問題になっているということを、まずは自覚するべき。

 

あなたが本当に嫌なのは、「嫌な自分を見続けることによって、相手が理解してくれると勘違いをしている自分」だと思う。

 

 

2.あなたが対話をするための提案

 

もしも対話をするのであれば、あなたがどんなことを嫌がっているのか、もっと具体的に話そうとして欲しい。

 

嫌になろうとも、そうすることでしか、本当に「嫌にならないこと」を始めることはできない。
あなたが描いている自分自身のことを、自分で眺めることをしなければ、何も始まらない。

 

幸せになりたいと言う者が、「では、具体的にどのようになれば幸せか」ということを考えない限り幸せになれないように、「自分を愛するようになりたい」と言うのなら、「では、具体的にどのようになれば愛することができそうか」という話をせねばなるまい。

 

あなたが対話をするときに大切なのは、「自分の分析を、相手がわかっているかのように話さないようにすること」である。

 

あなたが話していることは、あなた独自の感覚とイメージによるところが大きいにもかかわらず、それを自覚していないところをもっている。
それ自体について話をすることにより、「あなたのイメージの問題だ」と私が話していることが、わかるようになると思う。

 

そのように考えてみて欲しい。

 

 

お試し相談(無料モニター)を受けたご感想

 

お世話になります。
感想をお送りします。

 

幼い頃、気が付いたら苦しかった
苦しくて解決策がなかったから、
ずっと嫌な事苦しい事にフォーカスする癖がついてしまった。

 

嫌な事や苦しい事を我慢することばかりしていました。

 

幸せや良い事にフォーカスしたり
幸せのために努力することを諦めていました。

 

「内なる声」の言う通り、
自分がどうすれば幸せになれるのか、
きちんと考えて行動しないといけない

 

またあまりに自分の苦しみ耽溺するあまり、
人との対話に関しても苦しみしか語れなかった。

 

対話をするには何をすべきか、
ご指摘の通りです。

 

これからは一方的にわかってもらうのではなく、
対話をするにはどうすればいいのか?
特に幸せになるにはどうすればいいのか?
集中し考え、行動したいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

管理人秋元ユキのコメント

 

お試し相談」にお申込みいただきますと、まずは上記のように、対話のきっかけとなる返信が得られるということを、知っていただきたいと思います。
対話をすることによってまた、まったく違う認識がたくさん出てきます。

 

現状に不満があるならば、あなたがどのような不満を抱いているのかを語り、その現状を変化させたいということを前提に、話をしようとしてみてください。
「自分自身を理解するために対話をする」ということが、とても大切なことなのです。

特典満載のLINE会員に、いますぐご登録を!
LINEで「友だち追加」してください。または、下記IDを検索するか、QRコードをスキャンしてご登録ください。
@811lxejt
※IDは、@からご入力ください。

「人生を変える対話」を、お悩みのある方にご紹介ください。
https://taiwa.i-kibun.com/

  このエントリーをはてなブックマークに追加