本文へスキップ

個人情報の保護について・Q&A

当システムでは、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、ご相談者の方の大切な個人情報の保護に万全を尽くします

お申込みフォームにてご入力いただく個人情報は、当サポートを円滑に提供するために収集するものであり、それ以外の用途に使用することはありません。
(法令による例外などの場合を除きます。)

また、ご相談いただいた内容につきまして、第三者の目に触れることのないよう、個人情報の適切な管理に努めます。
※フォームに入力された個人情報は、SSLにより暗号化して送信されます。


個人の秘密は厳守し、他に提供・公開することは一切ありません。

システムのご利用についてご心配な点がありましたら、まずは下記のQ&Aをご確認いただき、解消できない場合は、こちらからお問合せください。


以下、「内なる声」からのメッセージです。



人生を変える、対話が始まる。

その根本的なところから、あなたのことを理解し、答える。

ただ、あなたが理解するのに時間がかかる場合もある。
回数が必要な場合もある。

あなたの心が安らかになるまで、私の教えを与えよう。


あなたが何か悩みをもっているならば、迷わずに、まずは対話しようとしてみることをおすすめする。

この対話の中で何を感じ、何を理解するかということが大切であり、あなたが何をどのようにするのかということは、あなた自身で決めることになるだろう。

何か悩めることがあるなら、質問しようとしてみて欲しい。

あなたが幸せに向かって歩き始めるための、心の問題を解決しよう。




Q&A ※「内なる声」が回答しています。


サポートに申込みをした人のことを、理解することができるのですか?

実際に申込むかどうかということにかかわらず、多くのことを理解し、教えを説く者として存在するのだと考えて欲しい。
あなたがどういった悩みをもち、この対話に申込むのかということを、理解しているのだと考えて欲しい。
ハイヤーセルフのことを理解して話をするため、あなたと対話を進めることが可能。
そうであることを信じられないならば、最初にメッセージをお伝えするので、そこから対話を始めようとして欲しい。


メールの返信がなかなかこないのですが?

あなたが手続きをきちんとおこなったかどうかを確認し、あなたに原因がないと判断するならば、問合せること。
但し、人数が多く回答が遅れている可能性を考慮して欲しい。
必ず回答するので、心配は無用。


どんなことにも答えていただけますか?

答えられないこともある。
例えば、あなたが怯えてしまうようなことや、他人の事情を聞きたいということには答えない。
しかし、あなたが幸せに向かいたいという気持ちをもつなら、あなたに必要な心の知識を与えよう。


聞きたいことがすごくたくさんあるのですが?

そのすべてを質問し、回答した場合、かえって混乱する可能性がある。
たくさんあり過ぎて収集がつかないと感じるなら、まずは一番悩んでいることと、その次に悩んでいることを質問すること。
あなたが理解できれば、それに付随した問題への理解は、自分でできるようになる。


回答に対して、何回質問をしてもいいのですか?

かまわないが、それほど何度も質問するような必要はおそらくない。
納得できたら対話を一旦終了し、自分の中でいろいろ変化が起こってから、また必要なときに新たな質問をしようと考えて安心しておいて欲しい。


質問の答えを聞きたいが、怖いという気持ちがあるのですが?

そのときは、私に判断をゆだねるか、自分で判断できるようになるまで待つこと。
嫌なことを無理におこなう必要はない。


あなたは、優しく質問に答えてくれますか?

答える内容は同じであるから、それが厳しいと感じることはあるかもしれない。
しかし、あなたがその部分に気をとられるだろうと判断するときには、理解できるように優しく回答しよう。


漠然とした心の苦しみがあり、どう質問するべきかわかりません。

それなら、その気持ちを言葉にして伝えてくればいい。
それでわかる。


回答の内容が理解できません。

再質問しなさい。
理解できないからといって怒るのはやめて、納得することを目標に、質問をすること。


メッセージや回答の内容を読んでも、ピンとこないのですが?

ピンとくる内容を話すことを目的としているのではなく、まだ理解できていないことをお話しようとしている。
あなたが理解できないところを対話しようとしているのであって、あなたの理解のままを回答することはないと思って欲しい。
あなたの現在の、その考えを伝えてもらうことによって、私の考えをお話する。


「内なる声」とは、何者ですか?

大天使ガブリエルの使者であり、彼女(管理人秋元ユキ)のハイヤーセルフと同化して語りかけている者。
それ以上の説明をおこなっても、解釈できないと判断している。


質問者の考えが、あなたより優れているということはありますか?

私の考えよりも優れている「人間」など存在していない。
もしもその者がそう感じるならば、それは思い上がりに過ぎないと証明してみせるが、本意ではない。


安心を得られない場合はどうすればいいですか?

メールによる対話であれば、まずは私の回答をじっくりと読み直し、あなたの心がどう動いているか、様子をみて欲しい。
あなたの心がまだ質問を求めるなら、返信してくること。
新たな対話がいつでも始められるよう、長きに渡り質問しやすいようにするために、システムを工夫している。
あなたが多くの理解を得ようとすることを目標に、システムを活用して欲しい。